海外旅行(グアム)・持ち物



グアム旅行・持ち物 ラッシュガード

子連れでグアムに行くのなら、ぜひ、ラッシュガードとマリンシューズの購入を考えてください。 (もちろん、大人も)

子供の水遊び。「保温」と「日焼け」には、大人が十分に注意してあげましょう。

Tシャツで代用すればいいや、というものでもありません。
グアムの日差しの強さを侮ってはいけません。

別に水着とビーサンでいいんジャネ?と思わず、グアムでのバカンスを十分楽しむためにも、 小さな子供には、特に着せてあげてください。


クリックで商品詳細

ラッシュガードのメリット

・強い日差しによる、肌のダメージや日焼けによる疲れを軽減します。
 (グアムの日差しは短時間でもかなりのダメージがあります)

・海やプールから上がったときに、サラッとして、すぐに乾きます。

・ケガを防止する効果がある(岩場や珊瑚での擦り傷防止)

・包帯のような役目?
(体にちょっとしたキズがあっても、しっかり保護されることで 守られる)

・防寒効果がある。
 (いくら南国とはいえ、長い時間水に浸かっていると、さすがに体が冷えます。
  暑かったり、寒かったりと、体温差が大きいと、疲れも倍増します。)

・UV効果がある。
近年の紫外線は私たちが子供のときとは、比べ物になりませんから。

・水に入っても、ボテボテしない。

・ホテルのプールには、「Tシャツを着たままプールに入らないでください」 と書かれています。
それでも、Tシャツを着たまま入っている方も何人か いるのですが、やっぱり気持ちよく過ごしたいなら、ルールは守りましょう。

・ちょっとかっこいい
子供たちにラッシュガードを着せていると、「あら、南国慣れした家族なのね。」と 周りから一目置かれます。(知らんけど)

・水着よりも浮力があるので子供たちは、泳げた気分になれる。

・日焼け止めをいちいち塗る手間が省ける

・環境保護にもいい。(日焼け止めクリームが海にとけると、海が汚れます)


クリックで商品詳細

ラッシュガードのデメリット

・半そで焼けをするので、脱いだ後、かなりかっこ悪い。
(こまめに日焼け止めを塗って、半そで焼けを防ぎましょう。)

・脱ぎ着がしにくい

・普通の水着よりもお値段高め

・締め付け感がイヤ
(サーフィンをするわけではないので、ちょっと大きめサイズを買っても OKです。)


現地でも、もちろん色々売っていますが、プールやビーチ遊びよりもまず、 ショッピングに行かないといけませんし、土地勘のない場所で探し回って 限られた時間を費やすよりも、国内であらかじめ買って行ったほうが よいかも知れません。

うちの子供たちは、部屋につくなり、プールに直行してましたから。



copyright©tomo,ishii All Rights Reserverd.